スキャン、処理、成果物

FAROは、AEC(建築、エンジニアリングおよび建設)プロジェクトの既設構造物のデータ取得や3次元視覚化のための、3Dスキャナーとソフトウェアソリューションを提供し、AEC業界の専門家が必要とする2次元や3次元での成果物の抽出を迅速かつ正確に実現します。

現況情報をデジタル化へ

Capture the project site

プロジェクト現場のデータ取得

3Dレーザースキャナーを使い、プロジェクト現場をスキャンし、建物、インフラ、工業施設の実世界の情報をデジタル化します。複雑な形状や構造を短距離および長距離のスキャンすることで、対象物の現状を短時間で取得し、完全なデジタル記録を提供します。

Manage scan data

スキャンデータの管理

既設構造物の点群データを取得したら、3Dデータは登録ソフトウェアにて、個々の点群のアライメントや管理を行います。登録ソフトウェアには、次のようなツールが含まれます。ユーザーがスキャンデータを処理、プロジェクトを検索、最高品質の詳細なカラーデータで視覚化、最初の測定を実施、プロジェクトと連携。

Extract project deliverables

プロジェクト成果物の抽出

2Dおよび3Dデータを点群から抽出することが、レーザースキャンのデータ処理をする上で最も重要なステップです。FARO AECソフトウェアソリューションには、2Dおよび3Dでの成果物を生成するためのさまざまなツールがあります。フロアプラン、断面図、立面図や3Dモデルが直感的なワークフローにより効率よく生成可能です。分析ツールにより、CADモデルと構造物の状況を比較できます。

+ ステップ1:スキャン
Capture the project site

プロジェクト現場のデータ取得

3Dレーザースキャナーを使い、プロジェクト現場をスキャンし、建物、インフラ、工業施設の実世界の情報をデジタル化します。複雑な形状や構造を短距離および長距離のスキャンすることで、対象物の現状を短時間で取得し、完全なデジタル記録を提供します。

+ ステップ2:処理
Manage scan data

スキャンデータの管理

既設構造物の点群データを取得したら、3Dデータは登録ソフトウェアにて、個々の点群のアライメントや管理を行います。登録ソフトウェアには、次のようなツールが含まれます。ユーザーがスキャンデータを処理、プロジェクトを検索、最高品質の詳細なカラーデータで視覚化、最初の測定を実施、プロジェクトと連携。

+ ステップ3:成果物
Extract project deliverables

プロジェクト成果物の抽出

2Dおよび3Dデータを点群から抽出することが、レーザースキャンのデータ処理をする上で最も重要なステップです。FARO AECソフトウェアソリューションには、2Dおよび3Dでの成果物を生成するためのさまざまなツールがあります。フロアプラン、断面図、立面図や3Dモデルが直感的なワークフローにより効率よく生成可能です。分析ツールにより、CADモデルと構造物の状況を比較できます。

用途